Simplicity.
20歳のミニマリスト空間デザイナー。居心地のいい空間を追求したい。
断捨離

罪悪感でモノが捨てられない人が、罪悪感を断捨離する方法

f:id:minimu2929:20170623065757j:plain
こんにちは、RINです!

モノを捨てることに罪悪感を持つ方はたくさんいます。

「これはまだ使えそうだしもったいない。。。」

「親が私のためにわざわざお金出して買ってくれたものを捨てるなんて。。。」

「作ってくれた人の気持ちを考えると捨てられません!」

 

モノのこと、買ってくれた人、作ってくれた人のことを考えると、捨てることに罪の意識を持つ人は少なくありません。

 

で、そんな罪悪感を持ちながら、家にたくさんのモノが溢れてしまっている方もたくさんいると思います。

でも、実は、その罪悪感を持っているものは100%要らないし、まして本当に必要なものなら、捨てたいと思わないはずです。

こういうと、「え?」と色々反論されそうですが、今回は罪悪感があってモノを捨てられない方へ向けて、その罪悪感を捨てる方法を書いていきたいと思います。

優先すべきは自分自身

f:id:minimu2929:20170623065552j:plain

モノを捨てることだけでなく何においても、罪悪感を持っている人は自分のことよりも他人を優先させて生きている人です。

モノを捨てることにおいても、
作ってくれた人、買ってくれた人と、とにかく他人を優先させて、自分を犠牲にしてるんです。

 

世間一般では、日本では、そういうことは結構美徳として語られます。

 

だけど、本当にそうでしょうか?

人生は自分のためのものなんだから、もっと自分のために生きていいはず!

 

「モノを捨てるのはもったいない」と言う、でも、モノを捨てないで罪悪感を持っていると「自分も苦しい」。

もったいなさを優先させるのか、それとも自分が自由になれることを優先させるのか。

 

もちろん、決めるのはあなただし、どっちがいいとは言いませんが、もっと自分のために生きてもいいんじゃないかな?って思います。

罪悪感を捨てる

f:id:minimu2929:20170623065627j:plain
罪悪感は、もちろんモノを捨てる際にも出てきますが、お金・人間関係・食べ物など色んなことにも関係します。

 

モノを捨てることに罪悪感を持っていて、その罪悪感を無くしたいなら、そのモノを捨ててください!!

 

自分が捨てたいと思ったものは捨てる!

 

作ってくれた人とか買ってくれた人とかのことなんか考えずに、要らないなら要らない!って捨てる。

 

好きなものは好きって言って、

 

嫌いなもの・要らないものは嫌だ!って手放す。

 

罪悪感を捨てるには、自分がしたいようにするしかないのです。

 

と言っても、でも~。。。とか言う方もたくさんいると思いますので、

モノを捨てるのに抵抗感があるなら、

 

モノを売ったり、譲ったりしてはどうでしょうか?

 

本なら、ブクマとか↓
簡単&安心!本を売るなら『ブクマ』が便利! – Simplicity.

メルカリは結構売れやすいです!

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

 

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

売ったり、譲ったりすることで、モノを無駄にしているという罪悪感もなくなるので、モノが全然捨てられない!っていう人にはオススメです。

 

モノを捨てて、自分が本当に大好きなモノだけを大切にして、自分らしく生きていってください!

罪悪感が無くてモノを捨てるとどうなるか

ちなみに私も、モノを捨てる時に罪悪感はたくさん出てきました!

 

でも、思いきって、捨てました。

 

そしたら、その捨てる瞬間は苦しかったけど、捨ててみたらなんてことありませんでした。

 

今では何に罪悪感を持って捨てるのを躊躇してたか、忘れてしまっているほど!笑

だから、きついのは最初の捨てる瞬間だけ。

 

1番大切なのは自分自身なんだから、もっと楽に自由に好きなことできるように、

思いきって捨ててみてください。

 

▼関連記事
断捨離を始める前に知っておくべき!世の中には『捨てる』ことを必要としない人もいる – Simplicity.