Simplicity.
20歳のミニマリスト空間デザイナー。居心地のいい空間を追求したい。
イラストで巡るこだわりのお部屋

イラストで巡るこだわりのお部屋vol.2〜シンプルさと”好き”を極める〜

色んな方のお部屋を取材して、居心地よく暮らすヒントを図面やスケッチを描くことで紐解いていけたらいいなあ…!と思って始めたこの企画。

第2回目は、「そういえば自分のお家を紹介してない、、、!」と思ったので私のお部屋を紹介します!笑

ミニマリスト空間デザイナー・RINのお部屋

今回は、このブログの管理人、RINの今住んでるお部屋を紹介します!

美大に通っていて割と課題で忙しい毎日なので、自分のやりたいことや好きなことに集中できる環境づくりを目指しました。

▼ちなみに私の家にある現在の持ち物はこんな感じです
【2019年度版】大学生ミニマリストの必要最低限の持ち物リスト

お部屋の間取り・全体図

去年の春に、大学進学と同時に一人暮らしを始めた私のお部屋の間取り図はこんな感じ!

5,5畳のワンルームのお部屋で、3畳のロフトがついています◎

このお部屋を選んだポイントは、

  • 交通の便がいい
  • 自然が近くにある
  • できるだけ部屋が狭い方がいい

意外といい感じのお部屋があったので嬉しいです◎

そして全体図〜〜!

(少し文字が見にくいかもなので、よかったらパソコンで見てください、、)

白とダークブラウンでまとめられてシンプルなお部屋です。ところどころに木を使ってあるので落ち着きます。

基本的に、デスクの周辺に持ち物をまとめてスッキリまとめています!

自分の好きなことややりたいことに集中できるように、できるだけシンプルにまとめています。

視界がごちゃついていると、頭の中もごちゃごちゃしてしまうから!

お部屋のお気に入りポイント

お気に入りポイントは色々あるのですが、サンルームはかなり気に入っています。

太陽や雨、外の景色などの自然を一番に感じられる場所なので、ぼーっとリフレッシュしたい時はここに。

お茶と本を手に、サンルームに座ります。

窓とかはあるけど、外の気配を直に感じられるので、日本の縁側に近い感覚かも。

お部屋とも窓一枚を通じて隔てられているので、落ち着きやすいです◎

つい長居してしまう場所は?

一番よくいるのは、デスク周り。

机周りで普段の作業が全て完結するように設定しています。

基本的に、お家でやりたいことはここら辺
・デザイン・制作
・絵を描く
・読書
・ブログを書く
・食事
・寝る
・勉強

寝ること以外は基本このデスクスペースでできます。

デスク横に「ボビーワゴン」という超収納力抜群の移動式の棚?があってこれに基本的な持ち物が全て収納されています◎

持ち物少ないからこそ全部ここに収まった!笑

デスクの位置は、やっぱりここが抜群に光のあたり具合も心的安心感も良くて動かしたくないので、持ち物を全てデスク周りに集めることにしました。

その時に収納力も良くて移動も簡単なボビーワゴンがすごい大活躍してくれます。

デスクの前には、お気に入りのポストカードや写真、イラストなどを貼って前を向くといつでも気分良くなるようにしています!

居心地のいいお部屋づくりのポイント

 

自分の中で、正直お部屋は全然狭くていいし、持ち物も必要最低限でいいし、築年数も別にそこまで気にならない、、、と思っているところがあります。

そっちの方が身軽に好きなこともできるし、家賃も安かったりするので。笑

でもやっぱり、最近思うのは人間味のあるお家(お部屋)がいいな、ということ。

家の住人である”人”って、当たり前に変化・成長するもので、年月とともに考え方や価値観が変わったり、好みや仕事も変わったりします。色々変化することによって、その人の人間としての面白さや深みも増してくるものだと思うのですが、それは住む家も同じ。

家も時間とともに変化するもので、その良さがあります。

最近は新築以外にも古民家や中古リノベも見直されてきてるけど、時間の変化があるお部屋は愛着度が違う…!

私の持ってる家具で、小一の時にいとこの家に作ってもらった机があるのですが、小さい時から使っているので絵の具の跡や削られたような痕跡とかがあります。

でも、14年間使っててどんどん味わい深くなる良さやかわいさがあるし、どっしりとした安心感があります。

そういう…なんだろう、上手く言葉で伝わってるかわからないのですが、
日焼けて色あせた壁や、使うほどに味わい深くなる家具、毎年軒に吊るされる玉ねぎとか、ちゃんと変化の見えるお家に住みたいなあと思います。

そういう親しみのあるお部屋がすごく落ち着くなあと思うので、早く実家のお家に帰りたい最近です。

新しいものも美しいけど、長い年月による深みも大好き…!

”時間の変化”はやっぱり人間味のあるお家につながると思うので、積極的に取り入れていきたいですね。

今のお家も、お花飾ったり、机の前の壁に増えていくポストカードや写真とか、自分の好きなお部屋に少しずつ改良していってる感じです。

▼関連記事
イラストで巡るこだわりのお部屋 vol.1~賃貸でも書斎のある暮らし~

▼RINのミニマムライフはこちらにまとめています〜!
中学生で断捨離を初めてミニマリストになるまでの変遷まとめました。

お部屋をイラストで描くのは随時募集しているので、こだわりの詰まったお部屋に住んでる方はよかったらDMください!(素敵なお部屋描きたい!)
全国どこでも飛んでいきます〜(交通費支給してくれるといつでも行けます)

▶︎RINのTwitter