Simplicity.
20歳のミニマリスト空間デザイナー。居心地のいい空間を追求したい。
Art

地方の美大と東京の美大、どっちがいいの??を美大生が語る。

f:id:minimu2929:20180926213027j:plain

こんにちは、美大生のRINです!

美大を目指す受験生がかなり悩むのが、

「地方の美大に行ったがいいの?」「東京の方がいいの?」ってことがあります。

行きたい大学があるなら別ですが、

お金の関係や就職とかで地方の美大か東京の美大に行くかで悩む方は多いはず….。

東京なら、東京芸大、多摩美、武蔵美、東京造形、日美、女子美。

地方なら京都市立芸大、愛知県芸、金沢美工大、沖縄芸大などが有名どころですかね。

私は現在は、地方の美大に通っていますが、同じ画塾の子や友達で東京の美大に通っている子と色々話してわかった、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

東京の美大に通うメリット・デメリット

f:id:minimu2929:20180927214253j:plain

東京の美大に通ってる友達の話を聞いて感じたメリットはこんな感じ。

  • 情報量が多い・最新に触れやすい
  • 展覧会や講演会がたくさん開催されている
  • 有名なデザイナーなどが教授になっている
  • 人数が多く(私立)色々な価値観に触れられる
  • 展覧会を開催しやすい
  • 人に見てもらう機会が多い
  • ネームバリューがある

やっぱり東京は最新の情報が集まるのが良いですよね。デザインとかを勉強する人はやっぱり最新の情報とかに触れておくのって大切なので。

あと、東京の美大は、有名な方が教授につかれていることが多い。

その有名な方の元で直接指導を受けられるのは良いですね。

特に自分の好きなデザイナーやアーティストがいるとその大学に行きたくなる…!

逆にデメリットはこんな感じ

  • 大学の教授の好みに合わせて作品を作ってしまう(権威が強いゆえ)
  • (私立は)学費が高い
  • 家賃が高い
  • 縦のつながりが弱い
  • 人が多く埋もれてしまう

先に、メリットとして有名な方の元で指導を仰げると書きましたが、それは同時にデメリットもあります。

それは、自分の色が出しにくいということ。

その有名な教授の授業では、どうしても教授の好みで作品の良し悪しが左右されてしまうところもあるらしく、それに左右されるとも言ってました。

(例えば、シンプルなデザインが好きな教授の授業だと、作る作品もシンプルよりになったりとか…!)

東京にある美大って、大体が私立なので、人数も多いですよね。

もちろん、色々な人がいてなんでもあり!みたいなところが魅力でもありますが、人に埋れて終わってしまう人も。

ある美大では、作品の出来の上位と下位で扱いが全然違かったりもするみたいですし、留年する人も多いそうです。

自分で頑張れる人は全然良いと思いますが、そうではない方は地方の方がいいかも…?地方の美大だと、少人数制だし、教授の面倒見(語弊あるかも)もいいです。

地方の美大に通うメリット・デメリット

f:id:minimu2929:20180925105647j:plain

私は地方の美大に通ってますが、その中で感じたメリットはこんな感じ。

  • 教授との距離が近い
  • 学費が安い
  • 家賃が抑えられる
  • 地方の文化に直に触れられる
  • 少人数制のところが多い
  • 静かで暮らしやすい
  • 縦の繋がりが強い

地方の美大って、結構伝統を大切にしてる街に建てられていることが多いです。

地方の美大で割と大きくて志望者も多い京都市芸のある京都は昔の建造物や伝統文化が根付いてるのはもちろん、金沢美工大のある金沢も江戸時代には「加賀百万石」と言われ栄えていた名残がありますし、愛知県芸も戦国時代は尾張や三河など文化が栄えた街でした。

その文化を元にした教育が行われることも多いですし、街に出ればすぐ芸術を学ぶことができます。

私も大人の方とかからはよく「そんな素敵な場所でデザインや芸術を学べて素晴らしいね〜」と言われることはよくあります。

若いとつい東京に魅力を感じちゃうけど、文化が育まれてる地方だからのメリットもある〜

それから、地方の国公立の美大とかは少人数制が多く、教授との距離も近かったり、先輩と組んで作品を作る機会も多いです。

先輩のデザイン力などを直接学べる良い機会!

 でも逆に人と近い関係が苦手な人には少しキツいかもです〜

次にデメリット。

  • 情報は自分から集めに行かないといけない
  • 観たい展覧会はいつも東京
  • 閉鎖的な学校になりがち
  • 便が悪いことも

自分の経験からですが、地方にいると、東京とかの情報のスピードについていけてないな〜と感じることがあります。

地方の美大の中だけで、完結するような感じが多くて、視野が狭まりやすいことが難点かな、とも思います。教授とかからも「ちゃんと情報は自分で取りにいけよ~」とか「他大学の人の作品も見なさい」と言われますね。

また、「東京に行って感じた地方と都会のメリット・デメリット。想像以上に差が凄かった。」という記事でも書きましたが、やっぱり展覧会や講演会とかは東京でほとんどあってるのは中々辛いですね。

東京の美大の子とかがTwitterやインスタで「〇〇の展覧会行った〜〜」って言ってるのを見ると、やっぱり羨ましくなります。笑

地方の人は、どうしても行きたい展覧会や講演会などがある時は、夜行バスで東京まで行くことが多め。

地方の美大と東京の美大、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

それぞれにいいところ、悪いところがあって、どちらか決めるのはやっぱり難しな〜とは思います。

でも、自分の中で優先順位をつけて、

何を重要視するかで格段に選びやすくなってきます!

これからの大学生活をどう過ごせるかにも関わってきますので、

地方と東京の美大でどちらに行くか迷ってる方の参考になれば嬉しいです!!

▼美大受験生へのおすすめ
[美大受験生向け]最速でデッサンを上達させる方法

▼関連記事

某有名美大に合格した美大生が教えるデッサンを上達させるのに外せない16のチェックポイント

▼美大生の時間術はこちら

美大生は忙しすぎる!?効率化してやりたいことをする時間の使い方。