Simplicity.
ミニマリストのシンプルで心地のいい暮らし。
Art

バイト以外もできる!美大生におすすめの稼ぐ方法9選!

こんにちは、美大生のRINです。

美大に入ってすぐの頃って、
課題も初めてのものばかりで時間のやりくり上手くいかないし、徹夜もしちゃうし、材料費にお金かかるし、でも遊びたいからバイトもしなきゃだし、、、

とお金に困ることも多いのではないでしょうか。

それで、結構みんなバイトを夜や休日に入れてたりするんですが、

遊ぶ時間やゆっくりする時間などが無くなっちゃうんですよね。

私も最初はバイトをしたりしていましたが、バイト以外の美大生のスキルを生かした稼ぎ方にシフトしていった!

この記事では、そんな美大生にオススメの稼ぎ方を紹介します!

 

美大生にオススメのバイト・稼ぎ方

1、デザイン

美大で学ぶデザインスキルを生かして、色々なデザイン関係のものを作って稼ぐことができます。

ロゴデザイン、パッケージデザイン、ポスターデザインなどは、美大生の得意分野でありそれをすることで自分のスキルアップにもつながります。

デザインの仕事は、色々なところで募集などもありますが、初めの経験などがないうちはクラウドソーシングで仕事を受けるのが良いでしょう。

オススメは「クラウドワークス」。

クラウドワークスでは、色々な仕事を受けたい人と頼みたい人をマッチングさせるサービス。無料で登録できます。

デザインのジャンルでも、ロゴデザインやバナーデザイン、パッケージなど色々なものがあります。

仕事を受けつつ、自分のデザインスキルも磨いていけるので便利です!

仕事の相場がわかったり自分の実績も作れます◎

美大生の得意なデザインスキルを生かして、仕事につなげてみてください!

▶︎日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

2、イラスト

美大生には、絵を描くのが上手い人も多いですよね。

せっかくイラストが描けるなら、そのイラストスキルを生かして稼ぎましょう。

イラストの仕事にも、記事の挿絵やアイキャッチ、アイコン・バナー作成、雑誌や小説の挿絵など色々な種類があります。

 

デザインと同じく、「クラウドワークス」にはイラストの仕事もたくさん載っているので、自分のスキルを生かせそうな案件を見つけてみてください!

 

また、イラストスキルは「ココナラ」で販売するのもオススメ!



 「ココナラ」は、自分のスキルを売り出せるスキルのフリーマーケット。

私もアイコン制作の依頼などをココナラで受けたりしていました!

 

他にも、ストックサイトやイラストACなどもあるので、利用してみても良いですね◎

3、ライティング

自分の考えていることや知見を文章にして表現するのも稼ぎ方としてオススメです◎

ライティングの仕事は、大体月○本の記事を書く、などの指定ができて締め切りまでに記事を完成させればよく、自分の好きな時間や隙間時間を使ってお金を稼ぐことができます。

ライティングの仕事では、1文字○円などという風に決まっていることが多く、書いた文字数に合わせてもらえる金額も変わってきます。

こちらも、最初はクラウドソーシングで登録して、自分の書けそうな記事の仕事を見つけてください!
▶︎日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

4、ブログ

最近は少しマイナーになってきたかもしれませんが、ブログもオススメの稼ぎ方の一つ。

私はマジでこのブログをやってて良かったな〜って思う!

ブログって、自分の好きなことや物を記事で紹介してどんどん構築していきます。

その中でアクセス数をあげて広告収入で稼いだり、記事を読んでそこで紹介した商品を購入してくれるとそこから紹介料がもらえたりするのが一般的なブログでの稼ぎ方。

一度書いた記事が基本的に無くなることはないので、書けば書くほど稼ぎやすくはなります。自分が学校行ってる間にも勝手に稼いでくれたりするから嬉しい!

もちろん、ブログを作るのは構成を考えたり読みやすくしたり簡単なだけでもありませんが、、、!

それでも、自分の好きなことを書くのは楽しいですし、ブログ全体の世界観を好きな感じにしていくのはとても楽しいです◎

自分のサイトを少しずつ好きな感じに作っていくのが楽しい!

 

また、ブログを始めて良かったのが、ブログ経由でお仕事依頼がくること!

ブログには「お仕事依頼」の問い合わせページを設けているのですが、そこからデザインやライティング、商品紹介などの依頼が来るようになりました◎

ブログをはじめるのは本当にメリットしかないと感じるので、ぜひ作ってみてください!

 

5、自己アフィリエイト

ブログに関連してオススメなのが、「自己アフィリエイト」。

ブログでは、「A8.net」のようなアフィリエイトサイトの商品を紹介して稼ぐことができます。

そのサービスでは「セルフバック」というものがあり、自分で商品を購入することでお金を稼げる仕組みがあります。

それが「自己アフィリエイト」。

簡単に言うと、

セルフバック対象になっている商品を自分で購入したりサービスを利用したら、それの報酬を得られるものです。

アフィリエイトサイトとして有名な「A8.net」では、無料の会員登録をして、右上のセルフバックから自己アフィリエイトを利用することができます。

クレジットカード作成したり、会員登録するだけで報酬がもらえるので、自分が今欲しいものとマッチングするものを探してみましょう。

 

▶︎アフィリエイトなら【A8.net】

どこか旅行行くためにお金が必要!とか免許取るために多めにお金が必要!みたいな時にぜひ使ってみてください。

 

6、美大受験予備校でのデッサン指導

美大に入るために、多くの人は実技試験のデッサンの練習をします。

画塾や美大受験予備校では、夏期講習や冬期講習などの機会に学生の講師が来て、指導をしていたりしました。

作品を観る客観的な視点を養いつつ、教える力を鍛えることができます。

将来、美術の教員免許などを取ろうと考えている方などには特にこの仕事はオススメです!

 

7、3D、CG作成

美大の建築学科や空間デザイン学科の人にオススメしたいのが3Dモデリングの仕事。

図面を書いたり、3DCGを作成したりするのは、建築学科や空間デザイン学科の人なら課題でもよく作っているのではないでしょうか。

建築パースの作成は一件数万円単位であるので、時間のある時や土日に作成して稼ぐのがオススメ。図面はパースよりは安くなってしまいますが、それでも隙間時間にできるので便利です◎

こちらも、「クラウドワークス」で仕事を募集しているので、挑戦してみてください。

8、写真撮影

美大生は、自分の作品をポートフォリオに載せるために、自分の作ったものをよく撮影したりします。

授業でも、撮影の知識やコツ、一眼レフの使い方などを教えてもらったり。

その中で自分の撮影スキルを生かすために、撮影の仕事をやってみるのも良いですね。

PhotoshopやLightroomなどが使える美大生は撮影の仕事もやってみましょう!

 

 

9、動画編集

美大の授業では、動画を作る授業もあります。

Adobeの「Premiere pro」や「After Effects」などを使える人も多いのではないでしょうか。

最近では、YouTubeにアップするための動画作成の依頼をしている企業も多いので、仕事も受けやすいです。

デザインやライティングの仕事依頼でも紹介した「クラウドワークス」でも、動画制作の案件は多くあるので、映像編集などに興味のある方は取り組んでみてください!

 

 

美大生はバイト以外でもスキルを生かして稼ごう!

大学に入ったら、バイトを始める人が多く、美大生も同じようにバイトをする人が多いです。

たしかにバイトは、社会経験になると言われてるし、働いた分だけお金になります。

でも、その分決まった時間を拘束されることもしばしば。

ただ、美大生は自分のスキルを生かすことでもっと楽に、好きなことで稼ぐことが可能です!

ぜひ、自分に合った稼ぎ方を見つけて見てください!



 

▼関連記事
美大生は忙しすぎる!?効率化してやりたいことをする時間の使い方。
プロのデザイナーさんに教えてもらった美大生・デザイナーにオススメの本12選

RELATED POST